性格と天職診断

*質問群ⅠとⅡの3種類の文から、自分に一番あてはまると思うものを一つづつ選んでください。すべて当てはまっていなくても、他の文と比べて、一番近いものを選んでください。考えすぎないで、直感で選ぶようにしましょう。選んだ組み合わせにチェックを頂き、確認ボタンをクリックください。診断内容がメールで自動配信されます。


質問群Ⅰ

A. 私はかなり独立独歩で、自己主張する傾向がある。人生は、正面から立ち向かうと一番うまくいくと感じてきた。自分自身で目標を設定し、直接関わって、事を起こしたい。じっと待つのは好きではない。大きなことを達成し、影響を与えたい。必ずしも人と対決するのを求めているわけではないが、利用されるようなことはしない。大体、自分が何をほっしているかわかっていて、それを手に入れようとする。よく働き、よく遊ぶ傾向がある。

B. 私はおとなしい傾向にあり、自分ひとりでいることに慣れている。普段、人との付き合いにおいて、自分にあんまり関心がこないようにする。強く自己主張することは珍しい。リードしたり、派の人のように競争することは心地よくない。多くの人が、私のことを「夢見る人」と言うだろう。つまり、自分が興奮する多くのことが、想像の世界で展開する。常に活動的ではなくてはと感じることなく、かなり満足していられる。

C. 私はきわめて責任感が強く、献身的な傾向がある。やると決めたことや、期待されたことをしないと、とても嫌な気持ちになる。私が人に知ってほしいのは、私が助けになれることや、人のために最良と思うことをやってあげることが好きだということだ。私はたびたび、人のために、大きな個人的犠牲を払ってきた。その人がそれに気づくかどうかはわからないが。私は自分自身の十分なケアをしないことが多く、必要な仕事をしたうえで、時間が余ったときにリラックスし、自分の本当にやりたいことをする。

                 

質問群Ⅱ

X. 私は、ふだん楽観的で、物事は結局うまくいくと感じる。通常、熱中できるものや没頭できるさまざまな方法を見つけることができる。人と一緒にいたり、他の人が幸福になる手助けをするのが好きだ。自分自身の幸福を人と分かち合うことを楽しむ。(いつも気分が晴れ晴れとしているというわけではないが、落ち込んだ気分は誰にも見せないようにする!)けれど、楽観的ゆえに、自分自身の問題に対処するのが、手遅れになることも時々ある。

Y. 私はものごとにたいして、強い気持ちをいだく。わたしが幸福でないときは、大半の人にわかってしまう。人といるときは身構えているときもあるが、見かけよりも繊細である。私は、人との関係において、自分がどの位置にいるか、そして誰を、何を、頼りにできるか知りたい。大半の人々にとって、私との位置関係はかなり明確だ。私が何かについて怒っているときは、他の人たちには、それについて反応して、同じように怒ってほしい。私はルールを知っているが、何をすべきか他の人に言われたくない。自分で決めたい。

Z. 私は自己抑制し、論理的な傾向がある。自分の気持ちにふれるのは、心地よくない。私は、効率的で、ときに完全主義的傾向があり、自分自身で働くことを好む。問題や対人関係の葛藤があれば、自分の気持ちをその状況に持ち込まないようにする。私が冷静すぎるという人もいる。しかし、自分の感情的反応によって、本当に重要なことから、そらされたくない。感情を害するようなことを人から言われても、私は普通、反応を示さない。

AとXを選択された方
AとYを選択された方
AとZを選択された方
BとXを選択された方
BとYを選択された方
BとZを選択された方
CとXを選択された方
CとYを選択された方
CとZを選択された方
メールアドレス*
性別 男性 女性