3分でわかる!無料合格率診断!【衛生管理者】

あなたの衛生管理者試験の合格率を診断いたします。

≪手順1≫
まずあなたが受験する試験の種類を、A.B.C.の中から選びチェックしてください。

≪手順2≫
その下に10個の設問があります。

・第一種衛生管理者試験を受ける人は、【1】から【10】のうち「正しい」と思われる設問にチェックを入れてください(複数可)。

・第二種衛生管理者試験を受ける人は、【1】から【6】のうち「正しい」と思われる設問にチェックを入れてください(複数可)。

・特例第一種衛生管理者試験を受ける人は、【7】から【10】のうち「正しい」と思われる設問にチェックを入れてください(複数可)。

ご返信メールが届くまで、しばらくお待ち下さい。


(注)無料合格率診断をご利用になられた場合には、「衛生管理者合格の7つの秘訣」のメルマガに自動登録させていただきます。
ご必要のない場合は、メルマガを受け取った際に指示に従って解除をお願いします(解除はいつでも簡単にできます)。
また、個人情報の取り扱いには最善を尽くしております。
弊社講師以外の第三者が情報を閲覧することはありません。

A.第一種衛生管理者試験を受ける。
B.第二種衛生管理者試験を受ける。
C.特例第一種衛生管理者試験を受ける。
【1】常に250人の労働者が働く事業場では、衛生管理者を最低2人選任しなければならない。
【2】作業面の照度については、精密な作業では300ルクス以上にしなければならない。
【3】温熱環境は、気温、湿度、気流及び放射熱の四つの温熱要素によって決まる。
【4】黄色ブドウ球菌による毒素は熱に強い。
【5】脳は、大脳、脳幹及び小脳から成る。
【6】骨格筋は随意筋、内臓筋は不随意筋である。
【7】放射線業務に従事する労働者に対する特定の健康診断項目として、皮膚の検査がある。
【8】妊娠中の満18歳以上の女性の場合、土石の粉じんを著しく飛散する場所における業務に就かせることができる。
【9】有機溶剤の蒸気は一般に空気より重い。
【10】防じんマスクは、ヒュームに対しては、有効である。
■勉強や試験のことで、講師に聞きたいことがあれば自由にお書きください。

メールアドレス*